ここから本文です

ハワイ州知事「パリ協定」履行の州法に署名

6/8(木) 20:38配信

ホウドウキョク

地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」の離脱を表明したトランプ大統領に反発し、ハワイ州は6日、協定に沿って対策を進めることを定めた州法を制定した。
デービッド・イゲ知事は「地球温暖化は現実に起きている、誰が何を言おうと」と述べた。
ハワイ州で6日、成立した新たな州法は、「パリ協定」が掲げる地球温暖化対策の目標に沿って、温室効果ガスの削減を進めるほか、CO2(二酸化炭素、2は下付き文字)の排出抑制の技術を向上させるための、特別チームを設立することになっている。
選挙期間中から「パリ協定」離脱を公約に掲げていたトランプ大統領は、6月1日に離脱を表明し、反発したハワイ州は、大統領就任直後から、今回の法案を審議していた。
ほかにも、18の州や自治体が、パリ協定に沿った対策を共同で進めると表明していて、協定離脱に反対する動きが広まっている。

最終更新:6/8(木) 20:38
ホウドウキョク