ここから本文です

ルカ体制最終戦を勝利で飾った日本、エースの比江島慎「決勝に臨む気持ちで試合に入った」

6/8(木) 15:58配信

バスケットボールキング

 6月7日に長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)で行われた第5回東アジアバスケットボール選手権大会3位決定戦で、男子日本代表チームが中国代表と対戦。6日の準決勝でチャイニーズ・タイペイに序盤からリードを許した日本だが、この試合では出だしから主導権を握り、76-58で勝利を飾った。

 先発出場した比江島慎が試合後、「敗戦から気持ちをしっかり切り替え、全員が決勝に臨む気持ちで、モチベーションを高く持って試合に入ることができました」と語ったように、チーム全員が積極的にプレーした。また、「相手にやらせてはいけないプレーをさせず、しっかりリバウンドを全員で取ることもでき、そこから良い攻撃も出すこともできました」と述べ、第1クォーターを9失点に抑えたチームディフェンスを評価した。

 もっとも、この試合はルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチ体制での最終戦。比江島は「昨日の修正点をしっかりと修正できるところも、ルカコーチに見せることができたと思います」と指揮官について言及した。

 予選、決勝トーナメントの計4試合をとおして、チーム最多となる1試合平均13.8得点を記録した日本のエースは、最後に「これまでルカコーチから教わった、今後の日本が向上して行くためのバスケットボールを、今日はしっかり表現できた」と総括した。

BASKETBALL KING