ここから本文です

三遠退団の川満寿史が福島に加入「地域に貢献できるよう精一杯プレーする」

6/8(木) 16:30配信

バスケットボールキング

 福島ファイヤーボンズは6月8日、元三遠ネオフェニックスの川満寿史と2017-18シーズンにおける選手契約が基本合意に達したことを発表。正式契約はメディカルチェック終了後となる。

 スモールフォワードでプレーする川満は沖縄県出身の26歳。東海大学(熊本キャンパス)在籍時の2013年にアーリーエントリーで当時bjリーグ所属の浜松・東三河フェニックス(現三遠)に入団した。在籍4年目となる今季のレギュラーシーズンは32試合の出場で52得点(1試合平均1.6得点)を挙げたが、5月22日に三遠との契約満了が発表されて自由交渉リストに掲出されていた。

 福島への入団が決まった川満は、クラブの公式HPで「福島でプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています」と述べ、「僕にとって新しいホームとなる福島県という地域に貢献することができるよう、精一杯プレーしていきます。福島ブースターの皆さん、これからよろしくお願いします!」と意気込みを語った。

 なお、福島は8日時点で、友利健哉、野上淳史、村上慎也、猪狩渉の4選手との契約基本合意を発表している。

BASKETBALL KING