ここから本文です

中小企業の支援に1億3300万円 17年度県補正予算案

6/8(木) 11:45配信

カナロコ by 神奈川新聞

 県は7日、中小企業の人材確保・育成を支援する新施策に充てる総額1億3300万円の2017年度一般会計補正予算案を発表した。県立保健福祉大(横須賀市)の独立行政法人化に向けた関連条例の改正案など14議案とともに、開会中の県議会第2回定例会に提出する。

 中小企業支援策は、人材不足が顕著な県内の介護、物流、IT各分野で、公的職業訓練の枠組みでは対応できない人材育成の取り組みを実施する。専門人材の確保に向けたシンポジウムや交流会なども企画する。

 一方、保健福祉大の独法化は、優秀な人材の確保や研究水準の向上を図り、大学間競争で生き残るための魅力を高めるのが目的。18年4月の認可を目指し、年内にも申請する。県は、同大の大学院を活用して国際的な保健医療人材を養成する「メディカル・イノベーションスクール」の19年開設を目指している。