ここから本文です

華原朋美がTKと別れたその後について語る。「すぐその闇の世界に…」

6/8(木) 21:00配信

E-TALENTBANK

7日放送の日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」で、歌手の華原朋美が音楽プロデューサーの小室哲哉との別れについて振り返る場面があった。

グラビアアイドルの遠峯ありさから、華原朋美としてデビューしたいきさつについて話す中、華原は小室のことを「『EZ DO DANCE』の人」などと呼びつつも「お互い惹かれていった」と馴れ初めを語る。

交際期間については「実は短くてですね、2年ぐらい」と明かし、破局後については「路頭に迷うというか、全てが終わってしまったので、こっから先どうやって生きていったらいいんだろうって状態にあのときなったので……うん、辛かったですね」と当時の心境を振り返った。

「あの恋愛以降、全然さっぱり良い恋愛できてないですね」と話す華原は、その後一切芸能人とは恋愛をしていないのだそう。

さらに華原は20代で“闇”を持ってしまったのだとして「嫌なこととかあると、すぐその闇の世界に行こうとするから、それを行かないようにするために頑張ったりとかするんですけど、なかなかそれは上手くいかないですよね」と葛藤を語った。

番組内では小室のことを「T・K」とも呼んでいた華原だったが、以前別のテレビ番組でマツコ・デラックスと初共演したときにも「T・Kがお世話になりました」と挨拶をして奔放なトークを展開し、マツコを困惑させていた。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/8(木) 21:00
E-TALENTBANK