ここから本文です

V6井ノ原快彦、ジャニー喜多川氏に「大変なことしてくれたな」と言われたエピソードを告白

6/8(木) 20:55配信

E-TALENTBANK

7日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で、V6の井ノ原快彦がジャニー喜多川氏に叱責された過去を明かす場面があった。

番組では現在の活躍についても語られていたが、12歳でジャニーズ事務所に入ったときの話題となり、少年時代の井ノ原の写真が紹介された。

すると司会の黒柳徹子が「あなたの写真を見て、ジャニーさんが何か言ったっていうの、それ何?」と質問をする。井ノ原は「色んなこと言われてるんでどれか分からないんですけど……」と悩んでいたが、黒柳が「はじめての雑誌に載ったあなたを見たとき」とヒントを出すと、井ノ原は思い出したようにエピソードを語りはじめた。

井ノ原によると、初めて雑誌に掲載された写真について、ジャニー喜多川氏から「大変なことしてくれたなお前は」と指摘を受けたのだと明かし「俺は笑顔で、笑って写真に写っただけなのに『お前大変なことしてくれたよ』って言われて……」と写真を撮っただけで怒られてしまったのだと告白した。

井ノ原は「それで今の写真は、あんまり笑うのやめようと思って。笑顔おさえたんです」と先ほど紹介された写真の経緯を説明した。

「笑いすぎるとダメなんだな僕は」と自己分析する井ノ原だったが、黒柳は「あなたとってもいいと思いますよ」とフォローして、さらには2006年、2011年の同番組出演時の写真を紹介して「ほとんど変わってない」と、41歳になっても若々しい井ノ原の容姿を称賛した。

同放送を見た視聴者からはTwitterで「徹子の部屋は癒しの時間過ぎて召されました 井ノ原くん可愛くて素敵でかっこいい パーフェクト」「ニッコニコな笑顔でお話する姿を見てたら愛おしすぎて気づいたら涙 井ノ原愛が上限突破」「疲れた身体に井ノ原快彦」といった喜びの声が寄せられている。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/8(木) 20:55
E-TALENTBANK