ここから本文です

西武、先発全員安打13得点で貯金「10」 源田がプロ1号、巨人は13連敗

6/8(木) 20:52配信

ベースボールキング

○ 西武 13 - 2 巨人 ●
<3回戦 メットライフドーム>

 先発全員安打の西武が、引き分けを挟む6連勝で貯金「10」。対する巨人は大敗を喫し、球団ワースト記録を更新する13連敗となった。

 西武は初回、二死から3番秋山、4番浅村、5番栗山の3連打で先制。3回も巨人の先発・池田を攻め一死満塁の好機を作ると、2本の適時内野安打で3-0。さらに7番外崎が4号満塁弾を放ち、一気に7-0と巨人を突き放した。

 4回には2番源田がプロ1号となる2ランを放ち9点目。開幕から奮闘する新人遊撃手は「ランナーが二塁にいたので、三塁に進めようと思って引っ張った。それがたまたま本塁打になりました」と、お立ち台で初々しく話した。

 西武は5回にも、支配下再登録即スタメンとなった9番木村昇が、中前打を放ち一死一、二塁。このチャンスで続く1番金子侑が今季1号となる3ランを放ち、先発全員安打となる2ケタ12得点とした。

 西武は投げても、先発の十亀が6回2失点で3勝目(2敗)。対する巨人はこの日も投打が噛み合わず、泥沼の13連敗となってしまった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ