ここから本文です

安倍首相に梅干し贈る 紀州梅の会

6/8(木) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県田辺市やみなべ町、JA紀南などでつくる「紀州梅の会」(会長=真砂充敏田辺市長)は7日、首相官邸を訪問し、安倍晋三首相に南高梅の梅干しや梅酒を贈呈した。安倍首相は外遊に梅干しを持参しており「去年もらったのが、ちょうどなくなったところだった」と喜んだ。

 訪問したのは、真砂市長と副会長の本田勉JA紀南組合長、梅をPRする「梅娘」で平安衣装姿の田辺市職員の山本彩佳さん(26)とJA紀南の長野理江さん(24)の4人。和歌山県選出の参院議員、世耕弘成・経済産業相も同席した。

 真砂市長は田辺市の木熟南高梅と伝統製法による兵庫県赤穂市の塩を使った梅干しを、地方創生の事業で作ったことなどを紹介した。

 安倍首相は梅干しを早速試食すると、「程よい酸っぱさと甘さ。ご飯が食べたくなる」と上機嫌。7月上旬に予定されるドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会合にも「疲労回復薬」として持参するとみられる。

最終更新:6/8(木) 17:01
紀伊民報