ここから本文です

1アシストを記録した長友…イラク戦に向けて「前半は課題が見つかった」

6/8(木) 0:02配信

SOCCER KING

 キリンチャレンジカップ2017が7日に東京スタジアムで行われ、日本代表とシリア代表が対戦した。

【ハイライト動画】今野が再びゴール!

 試合は48分、シリアに先制点を許す苦しい展開になった。しかし58分、DF長友佑都(インテル)のクロスに反応したMF今野泰幸(ガンバ大阪)が同点ゴールを決め、1-1のドローで試合を終えた。

 同試合で先発フル出場を果たした長友が、試合後に取材に応じた。

 まずは得点シーンについて聞かれると「あの崩し方は練習してきた形だったので、得点に結び付けられて良かった。最後は今ちゃん(今野泰幸)が決めてくれたけど、その前に倉田(MF倉田秋)が走ってくれていた。あの動きが役に立つ、僕を助けてくれました」とコメント。

 ディフェンス面に関して「昌子(DF昌子源)とは初めて(DFラインを)組んだので彼の特徴を把握しながらプレーしました。最初はぎこちなかったけど、最後の方は息が合っていたと思います。もっと時間をかければ、もっといい連携ができると思う」と昌子を称賛した。

 また、注目を集めたFW乾貴士と同じサイドでやった感想を聞かれ「彼はうまいから、僕は走る役目を全うできました。試合中は何回か相手のサイドバックと2対1の関係を作れていた」と好感触だったという。

 最後にイラク戦に向けて「相手のショートカウンターに苦しめられたから、そこは修正しないと。あの時に点を取られていたらまた違う展開だったかもしれない。前半は課題が見つかりました。反対に、後半は自分たちの戦い方ができた。あれを続けられたら、と思います」と意気込みを語った。

 日本は次戦、13日に2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選でイラク代表と敵地で対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6/8(木) 1:18
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合