ここから本文です

負傷退場の香川は左肩関節前方脱臼…13日の最終予選イラク戦は欠場か

6/8(木) 1:13配信

ゲキサカ

 日本サッカー協会(JFA)は7日のキリンチャレンジ杯・シリア戦(1-1)で負傷交代した日本代表のMF香川真司が左肩関節前方脱臼と診断されたことを発表した。

 香川はシリア戦に先発したが、前半7分に相手選手との競り合いでバランスを崩し、着地で左手をついた際に左肩を負傷。同10分にMF倉田秋との交代を余儀なくされ、試合後に都内の病院で検査を受けた。

 全治などの詳細は明かされていないが、13日にイラン・テヘランで開催されるW杯アジア最終予選・イラク戦の出場は難しい状況となった。

最終更新:6/8(木) 3:26
ゲキサカ