ここから本文です

シリア戦で左肩負傷、香川の途中離脱が決定…「残念かつ申し訳ない形」

6/8(木) 11:05配信

ゲキサカ

 日本サッカー協会(JFA)は8日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦(13日)を戦う日本代表からMF香川真司(ドルトムント)が途中離脱すると発表した。香川に代わる選手の招集はない。

 7日に行われたシリア戦に先発した香川だったが、前半7分に相手選手との競り合いでバランスを崩し、着地で左手をついた際に左肩を負傷。試合後に都内の病院で検査を受け、左肩関節前方脱臼と診断されていた。

 JFAを通じて香川は「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」とコメントを発表している。

最終更新:6/8(木) 11:06
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報