ここから本文です

[東海]首位・静産大は5連勝!中京大は東海学園大との上位対決に逆転勝利:第9節

6/8(木) 12:39配信

ゲキサカ

 第56回東海学生サッカーリーグ1部の第9節が3日に各地で行われた。前節の勝利で首位に立った静岡産業大は常葉大学浜松キャンパスに2-1の逆転勝利を収めて5連勝。首位の座を守った。4位・中京大は2位・東海学園大との上位対決を2-1で制し、2位と勝ち点2差に詰めている。

 静産大は逆転勝利で5連勝を飾った。前半39分に常葉大浜松に先制されたが、後半に2発を奪って勝ち越し成功。後半2分、FW遠山拓民(3年=甲府U-18)の左CKから正面のMF井上諒(3年=静岡学園高)が頭で決め、1-1。同30分にMF原田大雅(3年=第一学院高)の左クロスからMF藤池翼(3年=習志野高)が決勝点を頭で叩き込んだ。2-1の逆転勝利で首位を維持。常葉大浜松は3位と順位は変わっていない。

 熱戦をものにしたのは中京大。東海学園大に2-1で逆転勝ちした。試合は前半16分に東海学園大がMF武田拓真(4年=中央学院高)のゴールで先制。しかし後半1分、MF西村仁志(4年=野洲高)のパスからMF西口黎央(2年=興国高)が右足シュートを決め、中京大が同点に追いつく。さらに後半34分にはMF大城佑斗(3年=中京大中京高)の突破から西口がこの日2点目を決め、逆転に成功。そのまま逃げ切った。

 勝利した中京大は3戦ぶりの勝ち点3で2位と勝ち点2差まで詰めた。一方で敗れた2位・東海学園大は首位・静産大に食らいついていきたいところだったが、勝ち点5差に開かれてしまった。

 愛知学院大は名古屋経済大に3-0で勝利し、7位から5位へ浮上。10番を背負うMF八久保翔(4年=秀岳館高)が2得点1アシストと全得点に絡む活躍をみせた。名経大は5位から6位へ下げている。

 四日市大は3点先取も追いつかれ、名古屋商科大と3-3の引き分け。前半のうちに3-0としたものの、後半に入ると名商大MF榊天城(3年=磐田東高)に1得点2アシストの活躍を許し、勝ち点1を分け合った。四日市大は6位から7位へ後退。名商大は最下位を脱出し、11位に上げた。

 中部大は静岡大に0-2から3発逆転を飾った。今季初白星を手にした第7節から3連勝を果たし、8位まで上げている。前半19分、35分に失点を喫して追う展開となったものの、後半12分にこぼれをMF神垣圭哉(2年=岡崎城西高)が決めると、同20分にはMF長澤真武(2年=浜松開誠館高)の得点で2-2に。同30分には神垣の2点目が決まり、3-2と逆転に成功。そのまま試合は終了した。敗れた静岡大は最下位へ転落している。

結果は以下のとおり

静岡産業大 2-1 常葉大学浜松キャンパス
[静]井上諒(47分)、藤池翼(75分)
[常]土井智之(39分)

中京大 2-1 東海学園大
[中]西口黎央2(46、79分)
[東]武田拓真(16分)

静岡大 2-3 中部大
[静]結城海太(19分)、内海徹也(35分)
[中]神垣圭哉2(57、75分)、長澤真武(65分)

名古屋商科大 3-3 四日市大
[名]平野涼也(58分)、榊天城(69分)、服部雄斗(89分)
[四]水野匠弥(37分)、成田光希(45分)、鈴木一真(45分+2)

愛知学院大 3-0 名古屋経済大
[愛]八久保翔2(20、65分)、稲畑颯斗(41分)

岐阜経済大 3-1 名古屋学院大
[岐]柳原豪人(28分)、谷口海斗(76分)、高橋央樹(78分)
[名]星野涼(66分)

最終更新:6/8(木) 12:46
ゲキサカ