ここから本文です

総額100億円以上…C・ロナウドが今年も長者番付トップ!

6/8(木) 18:05配信

ゲキサカ

 米誌『フォーブス』による「世界で最も給料の高いスポーツ選手」のランキングが発表され、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが昨年に続いて1位に輝いた。『ESPN』が7日に伝えている。

 同メディアによるとC・ロナウドは昨年、レアルでの給料5800万ドル(約63億7000万円)とサッカー以外での収入3500万ドル(38億4000万円)を合わせ、9300万ドル(約102億円)を稼いだようだ。

 また、前回2位だったバルセロナのFWリオネル・メッシはクラブで5300万ドル(約58億2000万円)、それ以外で2700万ドル(約29億6000万円)と、合計で約8000万ドル(87億8000万円)を稼いだと見られるが、3位に順位を落とした。そのほか、サッカー選手の中で3番手に入ったのがバルセロナのFWネイマールで、スポーツ選手全体としては18位。1500万ドル(約16億5000万円)の給料、それ以外で2200万ドル(約24億2000万円)を稼ぎ、総額では3700万ドル(約40億6000万円)となった。

 今年も首位の座を守ったC・ロナウドはナイキと生涯契約を結んでおり、総額は約10億ドル(約1098億円)と言われる。さらに、タグ・ホイヤーやハーバライフ、アボットとも契約を結んでいるほか、自身の名を冠したブランドを持っており、靴や下着、香水、ホテル経営でも収入を得ているという。

 なお、今回の長者番付では計9人のサッカー選手が上位陣に名を連ねた。内訳はレアルから3人、バルセロナから3人、マンチェスター・ユナイテッドから2人、マンチェスター・シティから1人となっている。

以下、長者番付の上位に名を連ねたサッカー選手9人

1.C・ロナウド(R・マドリー):9300万ドル(約102億円)
2.メッシ(バルセロナ):8000万ドル(約87億8000万円)
3.ネイマール(バルセロナ):3700万ドル(約40億6000万円)
4.ベイル(R・マドリー):3400万ドル(約37億3000万円)
5.イブラヒモビッチ(マンチェスター・U):3200万ドル(約35億1000万円)
6.ルーニー(マンチェスター・U):2360万ドル(約25億9000万円)
7.スアレス(バルセロナ):2330万ドル(約25億6000万円)
8.アグエロ(マンチェスター・C):2260万ドル(約24億8000万円)
9.J・ロドリゲス(R・マドリー):2190万ドル(約24億円)

最終更新:6/8(木) 18:08
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1