ここから本文です

キタサンブラックは10位、1位はアロゲート/ワールドベストレースホースランキング

6/9(金) 14:57配信

netkeiba.com

 IFHA(国際競馬統括機関)が「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表した。

【写真】キタサンブラックこれまでの軌跡

 今回の発表は、今年の1月1日から6月4日までの世界の主要レースを対象としていて、120ポンド以上の22頭が掲載された。

 トップは前回発表から変わらずペガサスワールドC、ドバイワールドCの優勝馬・アロゲートで134ポンド、2位も変わらず17連勝中の豪州の女傑・ウィンクスの132ポンド。3位は先月のロッキンジSを勝利し前回16位タイから順位を上げたリブチェスターで124ポンド。

 日本調教馬は4頭が掲載。キタサンブラックが121ポンドで10位タイ(前回121ポンド8位)、サトノクラウンとサトノダイヤモンド(ともに前回120ポンド9位)とレイデオロ(前回非掲載)が120ポンドの14位タイとなっている。また、キタサンブラックは距離区分によるカテゴリー「E」(2701m以上)ではトップとなっている。

 なお、前回発表時は119ポンド以上の32頭が掲載され、119ポンドのシュヴァルグランとネオリアリズムが16位に入っていた。

最終更新:6/9(金) 15:09
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ