ここから本文です

溝口、川勝氏の争い確定 支持訴え各地で遊説 静岡県知事選

6/9(金) 7:30配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 任期満了に伴う知事選は8日午後5時に立候補の届け出が締め切られ、現職と新人による一騎打ちの選挙戦が確定した。立候補したのは無所属新人で五輪柔道銀メダリストの溝口紀子氏(45)、3選を目指す無所属現職の川勝平太氏(68)=連合静岡推薦=。投票は25日で、即日開票される。

 川勝知事の2期8年にわたる県政運営の評価を主な争点に、継続か刷新かを問う選挙戦となる。

 個別の政策では、浜松市沿岸部に計画される新野球場整備構想について溝口候補は慎重、川勝候補は推進の立場。県と静岡市の関係を巡っては、溝口候補が川勝候補の市に対する姿勢を「高圧的」と非難しているのに対し、川勝候補は「政令指定都市と県は対等。批判は当たらない」としている。

 中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働問題では、溝口候補は「条件が整わなければ再稼働すべきでない」、川勝候補は「再稼働を考えうる状況にない」と主張している。

 人口流出問題や防災対策、子育て支援、経済振興、スポーツなどの施策も論点になりそうだ。

 2候補は選挙戦初日、それぞれ静岡、沼津、浜松の3市で出陣式を開き、支持を訴えた。



 ■知事選立候補者略歴

 ▽溝口紀子[みぞぐちのりこ] 45 無新

 ▽現=スポーツ庁技術審査委員会専門員、全柔連評議員、県大学高専柔道連盟会長▽元=静岡文化芸術大教授、県教育委員長。磐田市出身。東大大学院博士号。袋井市浅羽。

 

 ▽川勝平太[かわかつへいた] 68 無現

 ▽現=知事▽元=静岡文化芸術大学長、国際日本文化研究センター教授、早大政経学部教授。京都府出身。英オックスフォード大大学院博士号。静岡市葵区安東。



 ■2候補の選挙事務所

 ▽溝口紀子氏 

 浜松市中区田町226-11 <電053(453)6770>

 静岡市駿河区中村町120 <電054(284)3633>

 

 ▽川勝平太氏

 静岡市葵区御幸町7-9 <電054(204)0120>

静岡新聞社