ここから本文です

Chara、吉田ユニが手がけたニュー・アルバム『Sympathy』のアートワークを公開

6/9(金) 18:24配信

CDジャーナル

 Charaが7月19日(水)に発売するニュー・アルバム『Sympathy』のジャケット写真とアーティスト写真を公開。今作のアートディレクションは吉田ユニが担当。Charaと吉田ユニがタッグを組むのは2013年12月に発売されたシングル「恋文」のジャケット写真とミュージック・ビデオ以来で、アルバムのアートワークを手がけるのは初。

 ジャケット写真は、ピンク色の髪のCharaがデイジーの花のベールを被ったもの。デイジーの花言葉は「あなたと同じ気持ちです」であり、アルバムタイトル『Sympathy』と同じ意味が込められています。また、今回の撮影には、Charaと公私ともに交流のあるフラワー・クリエイター、篠崎恵美(edenworks)も参加。

 アルバム『Sympathy』のゲスト・アーティストは、昨年末にリリースしたアルバム『k is s』が好評のKan Sano、ソロ・ユニット“agraph”を中心に幅広く活躍するkensuke ushio、2013年に解散したOvallでの活動で知られるmabanuaの3名のアレンジ / サウンドプロデュース陣のほか、生ヒップホップ・バンド“韻シスト”からメンバーBASIとTAKUのゲスト・ミュージシャン2名が発表されています。収録内容、参加アーティストは今後も追加発表されます。

 9月3日(日)からは東京、名古屋、大阪、福岡で4公演を行う全国ツアー〈Chara Live Tour 2017“Sympathy”〉を開催。各公演ではファミリー席も設置。ツアーの詳細などについては、オフィシャル・サイトをご確認ください。

最終更新:6/9(金) 18:24
CDジャーナル