ここから本文です

ミラン、リカルド・ロドリゲスを21億円で獲得…今夏3人目の補強を完了

6/9(金) 8:45配信

GOAL

ミランがヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得した。

R・ロドリゲスの本職は左サイドバック。地元クラブであるチューリッヒの下部組織出身で、2012年1月にヴォルフスブルクへ加入。2016-17シーズンのブンデスリーガで24試合に出場し、2ゴールを挙げるなど、これまで合計184試合に出場し、22ゴール28アシストを記録していた。

R・ロドリゲスのミラン加入はほぼ確実とされていたが、現地時間の8日、正式合意に至った。契約期間は4年間で移籍金は1700万ユーロ(約21億円)と報じられている。また、同選手は今回の移籍に際してヴォルフスブルクの公式サイトを通じ、以下のようにコメントした。

「成功に満ちた忘れられない5年間だった。ともに経験を積み、多くのことを成し遂げることができた。選手としても人間としても大きく成長した。ヴォルフスブルクでは常に快適だったし、多くの友人を作ることができた。しかし、キャリアの次のステップへと進む時が来た。ミランは世界的にもトップクラブで僕にとって新たなチャレンジとなる」

なお、ミランは今夏、DFマテオ・ムサッキオ、MFフランク・ケシエを獲得しており、R・ロドリゲスは3人目の新戦力となった。

GOAL

最終更新:6/9(金) 8:47
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ