ここから本文です

偕楽園 梅の実落とし、今年も不作

6/9(金) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

水戸市常磐町の偕楽園と同市三の丸の弘道館で8日、恒例の梅の実落としが始まった。今年は開花時季の低温などの影響で2年連続の不作となり、2カ所合わせた収穫量は例年の2割程度とみられ、2トン弱を見込んでいる。

作業員たちは、青梅を探して葉の間に目を凝らしながら、竹ざおで枝を揺らして実を落としていた。

県偕楽園公園センターによると、今年の開花が例年より25日ほど早かったことなどが不作の原因といい、今後、花粉の多い品種を植えるなどの対策も検討している。

収穫した青梅は10日午前9時から、同市見川1丁目の同センターで販売される。 (村田知宏)

茨城新聞社