ここから本文です

〔米子空港〕自衛隊機誘導路逸脱 滑走路は運用再開(9日10時現在)

6/9(金) 7:30配信

レスキューナウニュース

9日06:30過ぎ、鳥取県の米子空港で、航空自衛隊C-2輸送機が訓練飛行の離陸前に誘導路を逸脱し、草地に突っ込みました。このトラブルで乗員6人に負傷者はいないとのことですが、滑走路が一時閉鎖された影響で、ANA羽田-米子線に一部欠航や遅延便が出ています。

【欠航便】(10:00現在)
・羽田→米子 ANA381 ・米子→羽田 ANA382、384

・滑走路は09:38に運用再開。

米子空港は航空自衛隊美保基地が隣接し、滑走路は防衛省が管理する共用飛行場です。現在は国内線がANA羽田線、国際線はエアソウルのソウル(仁川)線と香港航空の香港線が就航していて、きょうはエアソウルの運航日となっています。
C-2輸送機は次世代大型戦術輸送機として2016年6月に量産機が納入開始、今年3月28日に美保基地に3機が配備され来年秋までの予定で運用試験中となっています。

レスキューナウ