ここから本文です

the NEATBEATSら出演のロックンロール・ムービー「ゴーストロード」が9月に公開

6/9(金) 18:24配信

CDジャーナル

 1970年代後半にアメリカ・ロサンゼルスのパンク・バンド“THE ROTTERS”のリードシンガーとして活動し、現在は日本でラジオ・パーソナリティを務めるマイク・ロジャースが製作と脚本を務める映画「ゴーストロード」。クラウドファンディングで多くの話題とサポートを集めた同作が、約2年の歳月を経てついに完成。9月30日(土)から東京・渋谷 HUMAXシネマで公開されます。

 永遠の名声を夢見る売れないミュージシャンが、“The Perfect Song”=完璧なロックンロールを作曲しようと苦悩していたある晩、亡霊が彼の前に現れ、その手助けをしようと約束するが――。ビートの効いた音楽に乗せて、ロックンロール・ドリームを描く「ゴーストロード」。出演は、主人公“トニー”役を演じるMr.PANをはじめとするthe NEATBEATSのメンバーほか、延原達治(THE PRIVATES)、ダニー(ザ50回転ズ)など。

 マイク・ロジャースは本作の公開について「映画製作は私の長年の夢でした。私はインディーズロックが大好きで、これまで新しい音楽を広げることを使命のつもりでやってきましたが、今、大好きなロックをテーマにした映画を大勢の皆さんの協力で完成させることが出来、とても嬉しく思っています。これをスタートに、映画を通じて日本のかっこいいロックをどんどん広げていきたいと思っています」とコメントしています。

©2017 Mike Rogers / Robot55 LLC.

最終更新:6/9(金) 18:24
CDジャーナル