ここから本文です

農業人口上位の岩手県が加速!岩手銀行が農業総研と進める地方創生とは

6/9(金) 6:40配信

ZUU online

国内農業のあり方に革新を生み続ける株式会社農業総合研究所と、地方創生に積極的な東北を代表する岩手銀行が業務提携を結び話題を呼んでいます。両者の協働は、農業の生産・流通・小売にどのような変化をもたらすのでしょうか。

■地方創生に新たな可能性が

2017年2月22日、株式会社農業総合研究所と株式会社岩手銀行は、地方創生に向けた「包括業務提携に関する覚書」を締結しました。

農業就業人口の減少や高齢化、休耕地の拡大など、日本の農業の先行きは決して明るくないものではないかもしれません。政府もさまざまな施策を打ち出し、民間企業の進出も増加するなど一部で改善の動きはありますが、まだ道半ばといえます。しかし農業革新は待ったなしの状況です。今回の提携の目的は、地域の農業関連事業者の事業展開に寄与することです。

農業総合研究所はかねてから、「ビジネスとして魅力ある農産業の確立」を目指し、これまでにない農産物流通の新しい仕組みを構築、同時に多くの革新的な技術とノウハウを積み上げてきました。

一方の岩手銀行は、東北を代表する有力地方銀行として、“地域社会の発展に貢献する”を理念に地域の事業推進支援、地場産業の育成、農業分野における地域経済など、さまざまな活動に取り組んでいます。

今回の提携により、両者の持つ知見、経験、サービスの得意分野が融合し、地方創生の新しい可能性が生まれることが期待されています。

■全国に広がる革新的フラットホーム「農家の直売所」

そもそも株式会社農業総合研究所とは、「農業をクリエイティブに、グランドデザインする」を旗印に、2007年に設立された農産業ベンチャーです(2016年6月マザーズ上場)。

現在の農業を「明治維新と同じような大波が現代の農業界にも押し寄せている」ととらえ、「Passion for Agriculture~農業に情熱を~』を合言葉に、農業産品の生産・流通・小売にわたる革新的な試みを実践しています。主な事業は、農家の直売所、農産物流通、農業コンサルティングの3本柱です。

なかでも特徴的なのが、全国の生産者と農産物直売所、スーパーマーケットなどを IT ネットワークで繋ぎ、情報・物流・決済の一貫サービスを実現した「農家の直売所」です。

このプラットホームを活用することで、農業従事者は農産物の生産品目・価格・販売先を自由に決めることができます。消費者から見れば、生産者の顔が見えて、品質の高いこだわりの農産物を納得して購入することができるのです。

現在、「農家の直売所」に関わる生産者は、2017年4月現在6,000名超、店舗数は1,000店に上ろうとしています。農産物流通に大きな革新を生むプラットホームとして、着実に成長・拡大を続けています。

■岩手銀行による、地方創生へのさまざまな試み

岩手県は、東北屈指の農業立県です。代表的な農産物として、米、きゅうり、ピーマン、キャベツ、トマト、りんどう、ホップなど、さまざまな農業産品が生産されています。いずれも全国上位を占め、県を支える重要な産業となっています。

しかし近年は他県と同様に、農業従事者だけでなく農業生産量や売上高は横ばい、または微減の傾向が続いています。こうした事態に岩手銀行は、主要な県内市町村と「地方創生の連携に関する協定」を締結し、さまざまな活動を展開しています。

活動の内容は、「創業支援」や「移住・定住推進」など地域によりさまざまですが、「地域資源を活用した農林業の推進」は、各地域を横断する岩手全地域共通の重要課題となっています。また観光用ポータルサイトの支援や東北広域のインターンシップ制度のサポートなど、地方創生に関する多角的な試みも見逃せないところです。

■その革新は地方創生の先駆的モデルへ

多く産業がIT化やインターネットを活用することで、劇的な業務刷新を遂げています。しかし農業分野に限っていえば、その動きは端緒についたばかりといえます。老朽化した組織の弊害もあってか、なかなか進化が見られないのが現状です。しかし逆にベンチャー精神とテクノロジーを携えた事業者がこの分野に参入すれば、驚くほどの革新が生まれる可能性は大いにあります。

一方でそうした革新を具体的な実りとし、永続させるためには、資金供給源やビジネスマッチングの担い手として、地方銀行の果たすべき役割がますます高くなっていくと予想されます。

その意味でも、今回の農業総合研究所と岩手銀行の業務提携が、農産物流通に革新をもたらす先駆けとなる可能性はきわめて高いといえるでしょう。さらには、地場産業の育成や農業分野における地域経済活性化につながります。それがひいては、全国的なレベルでの地方創生に貴重な先行例となることを、大いに期待しましょう。(提供:nezas)

最終更新:6/9(金) 6:40
ZUU online