ここから本文です

気温30度超えの暑さ続く台湾、3日間で69人が救急受診

6/9(金) 18:09配信

中央社フォーカス台湾

(台北 9日 中央社)台湾各地では6月に入り、最高気温が30度を超える日が続いている。衛生福利部(衛生省)国民健康署によると、6~8日の3日間に熱中症で救急外来を受診した患者は69人に上った。同署は水分補給を心掛けるよう注意を促している。

中央気象局によれば、台北や中部・台中、南部・高雄をはじめ各地の観測点では5日以降、最高気温30度以上を連日観測。6~8日の気温は台北では35度前後まで上がった。

熱中症予防のため、通気性の良い衣服をまとうほか、できるだけ室内の涼しい場所に避難し、1日に少なくとも2リットルの水を飲むよう同署は呼び掛けている。

(陳偉テイ/編集:名切千絵)

Yahoo!ニュースからのお知らせ