ここから本文です

ダル メジャー900奪三振達成も2被弾

6/9(金) 12:00配信

東スポWeb

【テキサス州アーリントン発】レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)は7日(日本時間8日)のメッツ戦に先発して7回1/3を3安打3失点。日本人投手3人目のメジャー通算900奪三振を達成したが、6勝目はならなかった。

 メッツ打線を3回までパーフェクト。だが、1―0の4回、先頭打者を死球で出塁させると一死後、3番ブルースに右翼へ逆転2ラン。6回にもブルースに左翼へ2打席連続本塁打を打たれた。今季は13試合目で早くも昨季に並ぶ12被弾。計29失点のうち19点を本塁打で奪われている。

 これで先発した試合でチームは3連敗。一夜明けた8日(同9日)、テキサスの地元紙はエースへの不安を報じた。

 ダラス・モーニング・ニューズ紙(電子版)は「ダルビッシュの最新のがっかり登板は、レンキャーズエースの不穏なトレンドだ」との見出し。「相変わらず球数が多く、長い回を投げられない。さらに大事な場面で一発を食らう」と苦言を呈した。

 フォートワース・スター・テレグラム紙(電子版)は「レンジャーズは追い上げたものの、またもダルビッシュが先発した試合でつまずいた」とリポート。「まずまずの投球をしながら運がなかった。3安打に抑えながら2本塁打を含め、すべてが得点絡み。勝つチャンスをチームにもたらした」と一定の評価をしながらも、やはり2被弾を課題に挙げた。

最終更新:6/9(金) 12:00
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/17(木) 6:55