ここから本文です

氷川きよしの新曲「碧し」をGReeeeNが書き下ろし 7月よりNHKラジオ深夜便「深夜便のうた」でオンエア

6/9(金) 18:24配信

CDジャーナル

 東京・明治座にて〈氷川きよし 特別公演〉を開催中の氷川きよしが、GReeeeN書き下ろしの新曲「碧(あお)し」を発表。NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」として7月1日(土)より放送が開始され、翌7月2日(日)から配信がスタートします。

 「深夜便のうた」制作スタッフの“氷川きよしで音楽ジャンルの枠を超え、幅広いリスナーが共感できるような楽曲を制作したい”という提案がきっかけとなり実現した今回のコラボレーション。GReeeeNサイドが作詞作曲から編曲、ミックスまでを担当しており、氷川の新たな魅力を引き出しています。

 日本のポップス・シーンを牽引するユニットとのコラボについて、氷川は「GReeeeNさんの作詞・作曲と知って、きっと驚かれたことでしょう。実は、僕自身も驚きましました。“僕で大丈夫なのかな”と思ったんです。歌い方、表現など手探りでレコーディングを進めて、出来上がりを聴いたら、グッと胸にくるものがありました」とコメント。また、冒頭の歌詞が氷川のデビュー記念日“2月2日”ということについて、GReeeeNは「2/2という歌詞から始まる物語、氷川さんの出逢い始まりとこれから。そんな物語を歌っていただけて光栄に思っております」と語っています。

最終更新:6/9(金) 18:24
CDジャーナル