ここから本文です

【UFC】ヘビー級王者ミオシッチがボクシング王者A・ジョシュアと対戦熱望

6/9(金) 12:24配信

イーファイト

 UFC史上初めてフェザー級とライト級の2階級を同時制覇したコナー・マクレガーと、ボクシングで無敗のまま5階級制覇したフロイド・メイウェザーJrの対戦が、いよいよ実現に近づき世界の話題を呼んでいるが、ここにきて、UFCの最重量級であるヘビー級の王者スティーペ・ミオシッチ(34)もボクサーとの対決に名乗りを上げた。

【フォト】ミオシッチの右ストレートが炸裂

 ミオシッチが対戦を熱望するボクサーとは、イギリスのアンソニー・ジョシュア(27)。4月29日に元WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者のウラジミール・クリチコ(ウクライナ)と対戦し、11R TKO勝ちしてIBF王座の3度目の防衛を果たすと同時にWBAスーパー王者とIBO王座を獲得したばかりだ。

 最近、米の格闘技番組に出演したミオシッチは、ジョシュアとのボクシング戦について、こう語っている。

「すごい試合になるぜ。ヤツはものすごいファイターだ。すごい試合になるし、見たこともない試合になる。俺は自分の実力を見せたい。コナー(・マクレガー)が(ボクシング戦を)やるんだ。とても面白い交流戦になるだろう。俺もそれに参加したい」

 クロアチア系アメリカ人であるミオシッチは、ミルコ・クロコップのことを尊敬する格闘家で、これまでにマーク・ハント、アリスター・オーフレイムといった2人の元K-1王者をKOしている。

 2016年5月にブラジルで開催されたUFC 198で、当時の王者ファブリシオ・ヴェウドゥムをスタンディング状態でのパンチで1R KOして王座を奪取した。

 ヴェウドゥムの他、ジュニオール・ドス・サントス、アンドレイ・アルロフスキーら合計3人の元UFCヘビー級王者をKOし、現在5連続KO勝利中で、向かうところ敵なしだ。

 ミオシッチは5月13日にドス・サントスを相手に2度目の防衛に成功したが、その直後からアンソニー・ジョシュア戦をしたいと語っていた。

 そして最近また格闘技番組に出演し、「俺はゴールデン・グローブ(米のアマチュア・ボクシング・トーナメント)でも優勝してるし、それ以外にも経験がある。俺は戦うのが好きなんだ。(ジョシュア戦は)すごい試合になる。誰もが見たがると思うぜ」とミオシッチは言う。彼は地元オハイオ州クリーブランドでのゴールデン・グローブで優勝している。また、レスリング、野球、アメフトでも高校・大学時代を通じて活躍し、野球はメジャーリーグのスカウトが視察に来るほどの強打者だった。

 ボクシング王者とのボクシング・ルールでの対戦だが、ミオシッチは「超自信があるぜ!」と胸を張る。「俺は前に出て、俺が持っているすべてを出し尽くす。聞いてくれ、俺には世界最高のコーチ陣がいるんだ。だからジョシュア戦の準備はバッチリできるぜ」

 そしてジョシュアのことも、「ヤツは世界王者にふさわしい男だ。彼との試合は驚くべきものになる。すごい機会だよ。ヤツと戦えたら、すごく嬉しいね」とボクシング王者にリスペクトを示す。

 マクレガーvsメイウェザーが実現した場合のアンダーカードとしては、ボクシングでミドル級からヘビー級までの4階級制覇を成し遂げたロイ・ジョーンズJrが、UFCの元ミドル級“絶対王者”アンデウソン・シウバとのボクシング・ルールでの対戦を希望し、アンデウソンも「ぜひやりたい」と発言している。

 マクレガーvsメイウェザーをメインに「UFC vsボクシング」の全面対抗戦が組まれたら、非常に興味深いものになりそうだ。

最終更新:6/9(金) 12:24
イーファイト