ここから本文です

【W杯アジア最終予選】ハリルジャパン テロ厳戒態勢のイランへ出発

6/9(金) 12:00配信

東スポWeb

 日本代表は8日、W杯予選開催地のイランへ向け成田空港から出発した。現地では首都テヘランで同時多発テロが発生したばかり。協会では観戦ツアーに参加する渡航者などに向けてホームページ上で、在イラン日本大使館の情報を基に安全確保を呼びかけた。

 外務省も、試合はイスラム教のラマダン(断食月)期間中でさらなるテロへの警戒が必要だとして、試合前後の人混みを避けるなどの対応を促した。日本協会の岩上和道事務総長(64)は「FIFA(国際サッカー連盟)やAFC(アジアサッカー連盟)からの指導は現時点でない」と話し、予定通り活動を行う方針を改めて示した。

 とはいえ選手たちの間には動揺も広がっており、MF井手口陽介(20=G大阪)も「ちょっと怖いけど…まあ大丈夫だと思って」と不安を隠しきれない様子。出発ロビーでも選手は一様に険しい表情で搭乗ゲートへと向かっていた。

最終更新:6/9(金) 12:07
東スポWeb