ここから本文です

シニアルーキー川岸良兼 初優勝へ2位T発進 「本当に娘より先に優勝したい」

6/9(金) 18:09配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<第18回スターツシニアゴルフトーナメント 初日◇9日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇7101ヤード・PAR72>

「怪物」が今季からシニアデビュー!川岸良兼 ドライバーショット連続写真【後方16枚】

 6月9日(木)~6月11日(土)の日程で開催されるPGAシニアツアー第3戦『スターツシニア』。初日の競技を終え、今季から参戦するシニアルーキー・川岸良兼が"67"で首位と1打差2位発進。デビュー3戦目でのシニア初優勝へ向けて、好スタートを切った。

 「今日は良かったです。(ティショットの)フェアウェイ外しは2回だけ。途中で数えちゃいました。初めてですよ、コースの中で回数を数えたの」と持ち前のドライバーショットを武器に5バーディ・ノーボギー。「18番でドキドキして、"飛ばしてやろう"と思ったら左にチーピンしちゃいました」と"ご愛嬌"もあったが、「ティショットは98点」。

 この日は昨季シニア賞金王で、前週『すまいーだカップ』で勝利を挙げているプラヤド・マークセン(タイ)と同組。試合前日のプロアマ戦のパーティでは「(マークセンに)ゴルフの厳しさを教えてやる、って言ったんです。お客さんを気持ちよくさせようとしてね」。

 初日のスコアは川岸に軍配。有言実行となったが「彼はグリーンを外してもパーを取るね。上手い。俺も今日は勉強になりまして、ゴルフの厳しさを味わいました。(でも)彼も味わったと思いますよ」と、いまシニアで最も強い男のプレーを実感した。

 今シーズンは、娘・史果が、国内女子ツアー「ダイキンオーキッドレディス」から最終日最終組で戦い、前半戦で幾度も優勝争いを展開。いつ勝ってもおかしくない活躍を見せているが、父親の本音は…「娘より先に勝ちたい。本当に娘より先に優勝したい。何とかまぐれでもいいから先に優勝したい。まぐれでいい、まぐれ起きないかな」。

 2日目はピーター・ファウラー(オーストラリア)、清水洋一との最終組。ティショットの好調さを持続し、上位にとどまって最終日を迎えたいところだ。

【スターツシニア 初日順位】
1位:ピーター・ファウラー(-6)
2位T:川岸良兼(-5)
2位T:清水洋一(-5)
4位T:真板潔(-4)
4位T:奥田靖己(-4)
4位T:プラヤド・マークセン(-4)
7位T:米山剛(-3)ら4名

<ゴルフ情報ALBA.Net>