ここから本文です

津軽線今別駅を6~8月に改修…待合室を拡張、トイレも整備へ

6/9(金) 13:43配信

レスポンス

JR東日本盛岡支社は6月8日、津軽線今別駅(青森県今別町)の待合室を改修すると発表した。

これは、今別町が進めるトイレ整備計画と連携した駅整備の一環として行なわれるもの。

現在の待合室は駅舎内のほぼ半分を占めているが、これを旧事務室部分まで広げるほか、外壁と屋根を塗装。水洗トイレも設置する。

工期は6月15日頃から8月上旬までで、新しい待合室は8月上旬から使用を開始する予定。工事期間中、待合室を利用することはできない。

津軽線の今別駅は、津軽線蟹田(青森県外ヶ浜町)~三厩(=みんまや=青森県外ヶ浜町)間が開通した1958年10月に開業。簡易委託駅化を経て、JR移行後の2003年7月に現在のような無人駅となった。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:6/9(金) 13:43
レスポンス