ここから本文です

電子チケット高額転売で逮捕 チケット転売問題とは

6/9(金) 17:50配信

ZUU online

転売目的としてコンサートの電子チケットを購入したとして、43歳男が兵庫県警サイバー犯罪対策課に逮捕された。男は容疑を認めている。電子チケットによる高額転売の逮捕は全国初という。

■高額なチケット転売は社会問題に

逮捕されたのは和歌山在住の無職の40代ので、逮捕容疑は詐欺。2016年9月に、人気アーティスト「サカナクション」のコンサートの電子チケット2枚をネットの転売サイトに出品したという疑い。定価1万3648円のものを7万4000円で出品、容疑者はチケットの転売をたびたび行っており、2014年以降約6000万円を売り上げていたと見られる。

チケットの不正な高額転売は、社会問題になっている。かつてはコンサート会場前でチケットを転売する「ダフ屋」が転売を行っていた。しかし、インターネット上で転売ができるようになり、チケットの転売ビジネスが盛んになってきている。オークションサイト、フリマアプリだけでなく、チケット転売専門のサイトまで登場し、個人でも気軽にチケット転売ビジネスに参入できてしまうのが現状だ。

チケットを転売目的で買い占めてしまうことで、本当にライブに参加したいファンのもとにチケットが回らない。参加できたとしても、ファンには大きな経済的負担がかかる。この現状を受け、日本音楽制作者連盟や日本音楽事業者協会をはじめとする4団体や100組以上のアーティストが2016年8月23日に声明文を発表した。賛同するアーティストや音楽イベントは増加しており、現在は172組のアーティスト、5団体、32の音楽イベントが参加している。

■転売対策に力を入れるアーティスト 公式チケットトレードリセールも登場

不正な高額転売を防ぐため、アーティストや音楽団体はさまざまな対処を行っている。転売防止に力を入れていることで有名なのがジャニーズ事務所だ。ジャニーズのライブチケットはファンクラブ会員しか購入することができない。そのため、不正転売されたチケットの座席をチェックすることで、誰が不正に転売を行ったのかをつきとめることができる。転売を行ったことが判明すると、当選チケットは無効になる他、ファンクラブの会員資格も停止となる。

電子チケットの導入も転売防止対策のひとつだ。購入者本人のスマートフォンでのみチケットが表示されるため、原則購入した本人しかライブに参加できない仕組みだ。しかし、システムや運用が発展途上のため、トラブルもたびたび起こっている。

2017年5月には、人気アーティスト星野源さんのライブチケットを購入する際、アプリのシステムの問題で数千円から1万円という高額な通信料を請求されるという問題も発生してしまった。この問題を受け、チケット販売を行ったローソンチケット側は過剰な通信料が発生した購入者には返金を行うと発表している。

ライブチケットを購入したが行けなくなったという人のために、音楽業界が運営する公式チケットトレードリセール「チケトレ」も登場した。2017年6月1日に正式オープンしたこのサイトでは、すべて券面の金額で出品される。代金のやり取りはチケトレ事務局が仲介し、チケット代金は公演終了後までチケトレが預かるため、転売を考える相手にチケットを譲る可能性もない。

チケットの高額転売ビジネスにお金が流れることで、本来はコンサートグッズや次のライブのチケット代としてアーティストに行くはずのお金が減ってしまう。それでは音楽業界の成長にはつながらない。チケット転売を防ぐことは、音楽の未来を守ることにもつながることを忘れてはならない。(ZUU online編集部)

最終更新:6/9(金) 17:50
ZUU online