ここから本文です

内山理名、シングルマザー役に挑戦「演じることで少しでも支えになったら」

6/9(金) 14:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 女優の内山理名がシングルマザー役に挑む映画「single mom 優しい家族。」の製作発表会見が6月9日、都内で行われ、主演の内山をはじめ共演の木村祐一、子役の長谷川葉音ちゃん、メガホンをとった元衆議院議員の松本和巳監督が出席した。

【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら

 一人娘のエミリー(葉音ちゃん)を育てるシングルマザー・愛実(内山)が、発達障がいを抱えるミニカー職人・鉄二(木村)との出会いや、シングルマザー支援協会の助けを得て、悩みながらも自立の道を歩む姿を描く。知られざる葛藤が全面に押し出される物語なだけに、内山は「台本を読んで、同じ女性として本当に胸が苦しくなりました」と吐露した。

 それでも、「演じることで少しでも支えになったら。私自身シングルマザーではないですが、女性として気持ちはわかると言い切れます」と思いの丈を打ち明ける。そして「裏側の孤独や人間くささを出していけたらと思います。みなさんが励まされることを望みますし、そのために頑張ります」と意気込んだ。

 「マツモトキヨシ」の創業者・松本清氏の孫であり、“小泉チルドレン”として政界に身を置いた後、現在は劇団「マツモトカズミ」を率いる松本監督。シングルマザーの実態を知ってほしいという思いが強く、「主人公に起きるエピソードは、ほぼ事実。普通では考えられないことで、本当にお母さんたちが背負っているものです。何人にも取材させていただいて本をつくっています」と説明し、「『MotionGallery』でのクラウドファンディングも行っています。映画の収益の一部を、シングルマザーのお子さんたちの支援に使わせていただきたい」と話した。

 一方で木村は、「顔合わせの時に監督から3時間説明されました。映画の上映時間は90分なので、倍くらい(笑)。熱意は完全に伝わっていますし、これからディスカッションが楽しみ、ワクワクしています」とニッコリ。映画初出演の葉音ちゃんは、「私の母もシングルマザー。エミリーの気持ちもわかるので、精一杯演じられたらいいなと思います」と述べた。

 「single mom 優しい家族。」は、6月20日から北海道・ニセコでのオールロケを敢行。公開は2018年5月に予定している。

最終更新:6/9(金) 14:00
映画.com