ここから本文です

NHK、小出恵介主演連ドラ放送中止は即断…番組公式サイトもすでに削除

6/9(金) 7:04配信

スポーツ報知

 多くのドラマや映画に出演し人気の俳優・小出恵介(33)が5月に大阪で未成年(17歳)の女子高校生と飲酒し、淫行(いんこう)していたことが8日、分かった。9日発売の写真誌「フライデー」が報じている。小出は事実を認め、所属事務所の「アミューズ」は小出を無期限活動停止にすると発表した。イケメン俳優の突然のスキャンダルに、ドラマ、映画、CMは降板、放送中止などが相次ぎ、芸能界は大パニックに陥った。

 NHKは、10日から放送予定だった小出主演の連続ドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」(土曜・後8時15分、全6回)の放送を中止すると発表し、同番組の公式サイトを削除した。

 NHKによると、同局でシリーズドラマが全編放送できなくなるのは極めて異例。小出の処分についてアミューズからこの日、正式に連絡を受けて即断した。同作は全てすでに収録済み。同局の制作局幹部は今後、事務所側と協議を行い、損害賠償等を求めていく可能性を示した。上田良一会長(68)はこの日、定例会見で「視聴者の方の期待に応えられず、大変残念」と述べた。

 また、日本テレビは、小出が出演を予定していた7月16日スタートの連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日曜・後10時30分)を降板することを決定した。同局広報部は「所属事務所からの申し出がありました」と説明。撮影はまだ始まっていなかったといい、代役については現在、協議中だという。

最終更新:6/9(金) 17:04
スポーツ報知