ここから本文です

【投資のヒント】最後の踏ん張りで増益を確保した銘柄は

6/9(金) 18:40配信

ZUU online

日本経済新聞の集計によると上場企業の2017年3月期の決算は急ピッチで進んだ円高の影響で売上高が前の期に比べ減収となったものの、2年ぶりに増益となりました。しかし、こうしたなかで増益を確保した企業でもその決算を四半期ごとにみると、4四半期全てが増益だった企業とそうでない企業に分かれます。

こうしたなか昨日は4四半期全てが増益だった銘柄を取り上げましたが、今回は第1四半期から第3四半期まで前年同期比で減益が続いたものの、第4四半期が増益となり、その結果通期も増益となった銘柄をピックアップしてみました。

そのなかで東急不動産ホールディングス <3289> や山洋電気 <6516> 、イリソ電子工業 <6908> では決算発表後に株価が水準を切り上げる展開となっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:6/9(金) 18:40
ZUU online

チャート

東急不動産ホールディングス3289
675円、前日比-7円 - 6/22(木) 15:00

チャート

山洋電気6516
1127円、前日比+24円 - 6/22(木) 15:00

チャート

イリソ電子工業6908
9200円、前日比-90円 - 6/22(木) 15:00