ここから本文です

村田諒太、現役続行表明!今後は白紙「あらためて夢のような夢を目指す」

6/9(金) 6:04配信

デイリースポーツ

 ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリストで、5月20日に行われたWBA世界同級王座決定戦でアッサン・エンダム(フランス)に1-2で小差の判定負けをした村田諒太(31)=帝拳=が8日、都内で現役続行を発表し、練習を再開した。

 疑惑の判定と呼ばれ、WBAのメンドーサ会長が異例の謝罪と再戦指令を出した世界初挑戦だった。村田は「得たものは大きかった。自分自身、世界レベルで通用することが分かった。一つ残念なのはベルトを取ることができなかった。失ったものはないけど、応援して下さった方々に示すものがない」と心中を明かした。

 現役続行を決断し「自分の持っている夢が小さくなっていた。海外の大舞台とか、夢のような夢を目指していたのに、負けないことや現実的なことを見ていた。あらためて夢のような夢を目指す」と誓った。

 今後については「相手があることなので白紙の状態」(浜田剛史代表)だが、スケールアップした村田が再び世界取りへ動き出した。