ここから本文です

攻守に活躍 金本監督期待の中谷は阪神優勝のキーパーソン

6/9(金) 12:37配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 阪神の中谷将大(24)は8日のオリックス戦でベンチを2度沸かせた。

 まずは1―1で迎えた五回の1死三塁の場面、オリックス先発のディクソンが投じた外角低めのカーブを中前へ運んだ。六回の守りでは、先頭の中島が打った右翼線への飛球をフェンスにぶつかりながら好捕。このビッグプレーで六回を1失点で抑えたことが勝利につながり、阪神は交流戦3カード連続で勝ち越しを果たした。

「(五回の勝ち越し適時打は)チャンスだったので(走者を)かえすという強い気持ちで打席に入った。前に飛ばせばどうにかなると思った。(六回の守りは)正直、フェンスが近くて怖かったが、捕れてよかったです」

 こう言った中谷について、ある阪神OBは次のように語る。

「右の若い大砲を好む金本監督は、中谷を外野と一塁でスタメン起用することが多い。安定性は欠くものの、彼の長打力を買っている。だが、接戦になればこの日のように野手の間を抜くバッティングでいい。五回の勝ち越し打は見逃せば完全なボール球。あのような技ありの打撃ができれば打率(.224)も上がってくる」

 中谷はチーム最多タイの7本塁打で長打力が魅力だ。一方で、守備範囲が広く、守りもいい。和田前監督は「守備なら、即一軍で使える」と語っていたほどだ。

「中堅の糸井は35歳で右膝に爆弾を抱えているし、右翼の福留は40歳。金本監督は自身の経験から、40歳すぎから夏場はかなりしんどくなるといったことからも、福留はこれまで以上に休み休みの起用になるはず。攻守ともに中谷への期待度は高まるばかりです」(前出OB)

 セは開幕前の予想に反し、広島、阪神の2強の様相。高卒7年目にして、完全開花の予感がする中谷。彼の活躍を期待しているのは金本監督だけではない。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 2:55