ここから本文です

ホンダ CRF450R/CRF450RX、リチウムイオンバッテリーを装備…2018年モデル発表

6/9(金) 16:00配信

レスポンス

ホンダは、モトクロスおよびエンデューロ競技専用車『CRF450R』『CRF450RX』にリチウムイオンバッテリーとセルフスターターを標準装備し、7月18日に受注期間限定で発売する。

[関連写真]

モトクロス競技専用車 CRF450Rには、レース中の不意なエンジンストール時に素早いエンジン再始動を可能とするセルフスターターを標準装備。すでにセルフスターターを装備するエンデューロ競技専用車 CRF450RXとともにキックスターター機構を廃止した。また、モトクロス世界選手権やAMAスーパークロスで検証を重ねた、軽量コンパクトなエリーパワー製リチウムイオンバッテリーを採用。加えて、点火時期や燃料噴射量の特性を変更することで、力強い加速性能と扱いやすさの熟成を図った。

価格はCRF450Rが96万6600円、CRF450RXが98万2800円。

また、最新CRFシリーズと共通のグラフィックをタンクシュラウドに採用したモトクロス競技専用車『CRF150R』『CRF150RII』を同日より受注期間限定で発売する。両モデルは、クラス唯一の150cc 4ストロークエンジンとコンパクトで扱いやすい車体はそのままに、最新CRFシリーズと共通のグラフィックをタンクシュラウドに採用した。

価格はCRF150Rが49万3560円、CRF150RIIが51万0840円。

なお各モデルの受注期間はいずれも9月29日まで。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/9(金) 16:00
レスポンス