ここから本文です

長島ダムカレー“竣工” 周辺風景を一皿に 静岡・川根本町

6/9(金) 8:20配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 川根本町犬間の長島ダムをイメージした「長島ダムカレー」の提供がこのほど町内3カ所の飲食店で始まり、にわかに観光客の人気を集めている。日本ダムカレー協会によると、ダムカレーは2009年ごろから全国で増え始め、現在は100種類以上あるという。同町まちづくり観光協会は「町の名物料理のひとつにしたい」と普及に力を入れる。

 同カレー協会によると、県内ではほかに「大間ダムカレー(川根本町)」「井川ダムカレー(静岡市葵区)」などがある。

 長島ダムカレーは、全国のダムを巡る「ダム愛好家」の分部真也さん(39)=焼津市=が「カレーを通して、ダムに興味を持ってもらえたら」と考案した。ダムのほか、大井川鉄道井川線の奥大井湖上駅など周辺の風景を、各店が地元野菜や肉など多彩な食材で表現した一皿だ。

 同町千頭のカフェ「うえまる」では、湖に見立てたカレールーの上にベーコンを横断させて同駅を表現した。ダムの堤高109メートルにちなみ、税抜き1090円で提供。同店は「1日限定10食のところ、それ以上の注文が入る日もある」と話す。このほか同町梅地の接岨峡温泉会館「せっその湯」と同町東藤川の千頭温泉「旬」(1日限定15食、毎月第2土曜、日曜のみ)でも販売している。同観光協会は提供店を増やそうと協力を呼び掛けていて、「ダムを見学した帰りに、カレーを食べてもらいたい。目標は年度内に10店以上」と意気込む。

静岡新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ