ここから本文です

<竹内涼真>朝ドラ期待の“イケメン枠”も秘めたる「反骨心」 「王道」への思いも

6/10(土) 5:00配信

まんたんウェブ

 有村架純さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」に、大学生の島谷純一郎役で出演している竹内涼真さん。竹内さんといえば人気特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」(2014~15年)の主人公を演じたことで知られる期待の若手俳優だ。185センチの高身長と爽やかな笑顔が魅力の竹内さんが、ヒロインの相手役の“本命”とうわさされる島谷を演じることについて、早くから注目されていた。竹内さんは「みんながそう思うなら『イケメン枠』って言ってもらってもいいですけど、『イケメン』だから、ここにいるとは思われたくはないです」と笑顔の裏に反骨心を秘める。そんな竹内さんに、ドラマや役への思いを聞いた。

【写真特集】慶大生・島谷は“めんどい”イケメン まだまだいるぞ! 注目の男性キャラ続々…

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田惠和さんのオリジナル。大家族の農家に生まれ、のんびりした少女に育った谷田部みね子が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京する……というストーリー。高度経済成長期に集団就職で上京した“金の卵”が、殻を破って成長していく姿を描く。

 ◇基本は「笑顔」 監督からも「爽やか」にと…

 竹内さん演じる島谷は、ヒロインのみね子(有村さん)が引っ越したアパートで“お隣同士”になる青年。佐賀県の大会社を経営する一家の御曹司ながら、お金持ちの友人とつるむことを嫌がり、部屋にいる時は勉強ばかりしている。みね子は、そんな島谷のどこか陰のある雰囲気が気になっていく……。みね子との出会いは6日放送の第56回で、東京・赤坂の路上で、人にぶつかり財布の中身をばらまいてしまったみね子の不注意をそこに居合わせた島谷がたしなめる……という展開だった。

 竹内さんは「島谷は頭が良くて饒舌(じょうぜつ)なので、受け取る側にとってはちょっと(言葉が)きつかったりもする。そこをやりすぎずに、いかに自然体で演じるか。自分も乗ってきちゃうと、言葉が強くなったりするので、饒舌でよくしゃべるけれど、“柔らかく”というのを意識しながら演じています」と話す。

1/3ページ

最終更新:6/10(土) 5:00
まんたんウェブ