ここから本文です

陸上=ボルト、母国ジャマイカでのラストレースへ

6/9(金) 11:04配信

ロイター

[キングストン 8日 ロイター] - 陸上で五輪3連覇を達成し、今年8月の世界選手権ロンドン大会を現役最後のレースと宣言したウサイン・ボルト(30)は、10日にジャマイカで行われるレーサーズ・グランプリ100メートルで、母国でのラストレースを迎える。

ボルトは、サッカー界のペレ(ブラジル)やボクシング界のモハメド・アリのように陸上界で超越した存在であり、母国では国の宝と位置づけられている。

同じくジャマイカ出身で1976年に五輪金メダルを獲得したドン・クォーリー氏はロイターの取材で「彼は陸上に大きな喜びをもたらした。記録だけでなく、彼のパーソナリティは本物で、人々はそれを愛した。その人の良さは人々の心をつかみ、そのおかげで今は世界中の人がジャマイカがどこにあるのか、そしてウサイン・ボルトがどのような人であるのかを知っている」と賞賛した。

ボルトはラストレースで、世界記録保持者のウェイド・バンニーキルクやデービッド・ルディシャ、2度世界チャンピオンに輝いたモハメド・ファラーらと対戦する。

最終更新:6/9(金) 11:04
ロイター