ここから本文です

高校最優秀賞に宮古高の上原愛音さん 「慰霊の日」式典で朗読へ

6/9(金) 16:08配信

琉球新報

 県平和祈念資料館は9日、第27回「児童・生徒の平和メッセージ」の入賞者を発表した。詩部門、高校生の部の最優秀賞に宮古高校3年の上原愛音(ねね)さん(17)の作品「誓い~私たちのおばあに寄せて」が選ばれた。上原さんは今月23日に糸満市で開かれる沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」として自作を朗読する。
 上原さんの作品について詩部門の審査委員長を務めた首里中学校の仲里英孝教諭は「平和の尊さを強く感じることのできる作品。『誓おう』という言葉の繰り返しが読者に訴え掛け、共に声に出して平和を誓いたくなる詩だった」と評価した。
 そのほか図画部門の高校生の部で最優秀となった知念高校1年の久手堅彰哉(しょうや)さんの作品「再生の大地」が平和メッセージ展のポスターに採用された。作文部門の小学校低学年の部で最優秀賞となった石垣市立白保小学校の森心羽菜(こはな)さんの「えがおでへいわをつくろう」が沖縄全戦没者追悼式で配布される冊子に掲載されることが決まった。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:6/9(金) 16:08
琉球新報