ここから本文です

中国外相、湾岸諸国の安定維持が最善と表明 

6/9(金) 11:24配信

ロイター

[北京 9日 ロイター] - 中国の王毅外相は8日、訪問先のカザフスタンでイランのザリフ外相と会談し、湾岸諸国の平和と安定を維持することが誰にとっても最善だと伝えた。

サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンは今週5日、テロリズムを支援しているとしてカタールと国交を断絶した。

これに対しカタール政府は他国に干渉しているとの批判を否定。同国の外務省は「断交は不当で、事実無根の主張や疑いに基づいている」との声明を発表している。

王毅外相は、湾岸諸国の平和と安定は地域および国際社会の共通の利益だと指摘。「中国は関係諸国が紛争を適切に解決することを支持する」と述べた。

最終更新:6/11(日) 22:41
ロイター