ここから本文です

海老蔵、七月歌舞伎の2回休演に驚き「目から鱗」 勸玄君も出演予定

6/9(金) 10:50配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が9日、ブログを更新し、7月3日から27日まで行われる「七月大歌舞伎」に2公演分休みが入ったことに「歌舞伎界にとりましては 目から鱗の画期的なことなのです!」と訴えた。

【動画】海老蔵 麻央の闘病について語る

 ブログは「七月歌舞伎の実は凄いこと」のタイトルで更新。七月大歌舞伎のポスターをアップすると、「何が凄いか?それは忙しさ、も勿論ですが、実はここ!」とつづり「12日夜の部、19日昼の部は休演」と書かれた部分をアップにしてみせた。

 歌舞伎は「本来は25日間50公演ぶっ続けが基本」だというが、「流石に大変」「お休みも必要」などの声が上がり「今回、思い切ってお休みをいれてもらいました」と説明。この2公演の休みは「歌舞伎界にとりましては、目から鱗の画期的な事なのです!」と、訴えた。

 この七月大歌舞伎には、長男・勸玄君が出演予定。夜の部の通し狂言「駄右衛門花御所異聞」で白狐を演じる。また歌舞伎史上最年少の4歳で宙乗りも披露することで話題となっている。勸玄君にとっても、長丁場となるだけに、休演が入ることでリフレッシュできそうだ。