ここから本文です

自由が丘スイーツフォレストで「涼感スイーツ」 フォトジェニックなドリンクも /東京

6/9(金) 15:42配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 自由が丘スイーツフォレスト(目黒区緑が丘2、TEL 03-5731-6600)で現在、夏季限定イベント「涼感ひんやり!クール・スイーツ2017」が開催されている。(自由が丘経済新聞)

「ミラクル バタフライ」(写真左・ココナツミルク味)に別添えのレモン果汁を加えると青色が変化(右)する

 節電が叫ばれた2011年の夏から毎年開催している同イベント。「暑い夏をスイーツで少しでも快適に過ごしてもらいたい」と、体を冷やす効果があるとされる食材などを使い、同館パティシエたちが「五感で涼感が楽しめるスイーツ」を創作して好評を集めている。

 今年は新メニューを加えた約15種類をラインアップ。同館プロデューサーの斎藤未来さんは「フォトジェニックなビジュアルのものから幅広い年齢の方に楽しんでいただけるものまで、今年はメニューを強化した」と話す。

 新メニューの中でも、インスタグラムに写真を投稿したときに映えるインスタジェニックなスイーツとなりそうなのが、HONG KONG AWEETS 果香のスイーツドリンク「ミラクル バタフライ」(各410円)。台湾から人気に火が付いたという、タイでポピュラーな青色のハーブティー「蝶豆花茶(バタフライピー)」とタピオカを組み合わせたもの。お茶に含まれるアントシアニンが眼精疲労の解消やアンチエイジングなどに効果があるとされている。

 同メニューの特徴は「美しい色の変化」。青色のバタフライピーと、タピオカが入った各フレーバーの2層になっており、別添えのレモン果汁を加えると青色が紫色に変化。層を混ぜ合わせると、さらに色が変化する。味わいは「バタフライピーは癖がなく、後味に少し香ばしさが感じられる。タピオカやグアバとの相性が良い」(齋藤さん)という。フレーバーはココナツミルク、グアバ、ロイヤルミルクティーなど全5種類をそろえる。

 体を冷やす効果があるとされるトマトを使った新メニューは、数種類のフルーツトマトとミルクジェラートを合わせたベリーベリー「旬のフルーツトマトと苺(いちご)のジェラートパフェ」(750円、1日20杯限定)、糖度9度以上の甘さを持つスーパートマトを使ったHONG KONG AWEETS 果香の「スーパーフルーツトマトの杏仁(あんにん)豆腐」(450円)など。

 ミキシンミクスクリームの和風クリーム白玉あんみつ「深煎(い)りほうじ茶アイスのあんみつ椀(わん)」「濃厚黒ごまアイスのあんみつ椀」(各630円、1日10杯限定)のほか、毎年人気の白桃ジュレや丸ごとメロンを使った定番メニューなどを各店そろえる(価格は全て税別)。

 営業時間は10時~20時。6月26日休館。8月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク