ここから本文です

高円寺にスポーツバー バングラデシュ人オーナーが独立、老若男女集える場に /東京

6/9(金) 16:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 高円寺にスポーツバー「Ali's Bar」(杉並区高円寺北3、TEL03-6883-9484)がオープンして1カ月半がたった。(高円寺経済新聞)

店の外観

 野球やサッカー、プロレスなどスポーツ観戦を楽しみながら飲食が楽しめる同店。14席を用意する。

 オーナーはバングラデシュ出身のアリーさん。アリーさんは11年前に語学留学で日本に訪れ、ITなどの技術職の勉強をしながら乃木坂にある魚料理専門店に9年勤めた。いつか自身の店を持ちたい、チャレンジしてみたいと思うようになり今回独立に至った。

 高円寺に出店した理由をアリーさんは「若い人もお年寄りもバランスよくいる街でお店を開きたいと思っていた。友人にそれなら高円寺はどうかと勧められて決めた」と話す。

 アリーさんのお薦めは、25種類のスパイスを調合して作る「チキンケバブロール」(600円)。「ケバブといえば『トルコ』を思い浮かべる人も多いと思うけど、バングラデシュでも有名で、味もトルコのものとは違うので食べてほしい」とアリーさん。酒はカクテル、ウイスキーを多くそろえているが、客の要望になるべく応え焼酎なども増やしていくという。

 アリーさんは「友人に会いに行く感覚で店に遊びに来てほしい。少し英語も話せるので、英語の練習をしたい人や、僕が話す間違った日本語を指摘してくれる人も歓迎。気軽に足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は18時~翌5時。

みんなの経済新聞ネットワーク