ここから本文です

【マーメイドS】マキシマムドパリ騎乗の藤岡佑「良馬場に近い馬場で走りたいのが本音」

6/9(金) 20:12配信

東スポWeb

【マーメイドS(日曜=11日、阪神芝内2000メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。東京競馬の5週連続GIが終了したところで改めて言わせていただきます。私、どんだけ東京競馬場に諭吉さんを置いてきてしまったんだー!(どこの競馬場でも一緒でしょ?なんて禁句だぞ☆)。ということで今週の「だいじょばない」は阪神競馬のマーメイドSに注目です! いや、別に東京競馬で痛い目に遭ったからとか、そういうのじゃないですよ!? 牝馬同士のハンデ戦…荒れやすいですから…ね!(あふれ出す金の亡者感)

 まずはマキシマムドパリと久々にコンビを組む藤岡佑騎手に、お話を聞かせていただきました。

「1年前に乗せていただいた時(1000万下・かもめ島特別=1着)に重賞を勝てる馬だと思ったし、実際に結果(2走前の愛知杯で重賞初制覇)も出しているので、人気になると思いますが、稽古でもそれに見合うだけの動きを見せてくれているので、ホント楽しみ」

 いや~、こっちまでワクワクしてきちゃいます! ただ気になることがひとつ。予報ではレース当日、雨の可能性もあるみたいですが…。

「さすがに不良馬場とかになっちゃうと、軽量馬が残ったりする可能性も出てきますから…。重賞でもしっかり走れている馬と条件馬が交ざってのレースですから、実績がある側に乗る僕としては良馬場に近い馬場で走りたいのが本音です」

 なるほど! そのあたりがハンデ戦の難しいところですな。ハンデといえば、今回トップハンデ(56キロ)を背負うのはトーセンビクトリー。鞍上の武豊騎手はどうみているのでしょうか?

「正直、思っていたよりハンデは重かった。ハンデ差が課題になるでしょうね。でもキャリアを重ねて、レースの幅が広がってきたのは確か。以前はゲート難だけでなく、道中で折り合いを欠くこともあったけど、そのあたりの心配はなくなってきています。この時期ですから、雨は覚悟しているし、ある程度はこなしてくれるかな」

 おおっ、多少の雨なら大丈夫ということですね! でも、さらに予想が難解になってきたような…。さすがハンデ戦、面白いやないの。

 気になる馬がもう一頭いまして…。先週、福永騎手が美浦で調教に乗られたビッシュです。

「いい動きをしていましたよ。実績は上位やと思うけどね。1回しか経験のない長距離輸送が少し気になるかな。秋華賞(1番人気10着)では馬体重はそんなに減っていなかったようなので、当日のコンディション…というよりはテンションが課題になるのかな」

 ふむふむ。当日のお天気はもちろん、パドックで馬の気配も見極めないと、諭吉さんに出会えそうもありませんな(そればっか)。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:6/9(金) 20:18
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ