ここから本文です

小林麻央 病気公表から1年…「ブログ」が新たな道を開いてくれた

6/9(金) 21:05配信

東スポWeb

 がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が9日、自身のブログを更新し、病気が公になってからの1年を振り返った。

 昨年6月9日、麻央が進行性のがんを患っていると報道されたことを受け、夫で歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が都内で緊急会見を開き「乳がん」であることを初めて公にした。麻央はブログで「病気が、突然、公になり、困惑、不安、湧き出てしまう残念な気持ちに包まれていました。そんな中、主人が会見をしてくれて、家族皆の気持ちが落ち着いていったのを今でも思い出します」と当時の心境を明かした。

 麻央に新たな道を開いてくれたのは「ブログ」だという。開設すると登録者が殺到、海老蔵も驚く速さで、現在の読者数は253万人を超える。

「皆さまとつながり、本当に励まされていました。いつも。ありがとうございます。私も、、、陰ながら、皆さまのコメントを拝読し、祈ったり、応援したり、共感したりさせて頂いてきました」と読者に感謝。それから「更新できない日もありますが、1日1日の心と記録をここに残す気持ちで書いています。これからもどうぞよろしくお願い致します」とつづった。

最終更新:6/9(金) 21:12
東スポWeb