ここから本文です

【全仏テニス】錦織「もうちょっと落ち着いてプレーできればよかった」

6/9(金) 7:04配信

スポーツ報知

◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン ▽準々決勝 錦織圭1―3アンディ・マリー(7日、パリ・ローランギャロス)

 【パリ7日=大和田佳世】男子シングルス準々決勝で、第8シードで世界ランク9位の錦織圭(27)=日清食品=は、第1シードの同1位アンディ・マリー(30)=英国=に逆転負け。1―1で迎えた第3セットのタイブレイクで集中力が上がりきらず、ミスから崩れた。日本男子で1933年の佐藤次郎以来となる4強を逃し、4大大会制覇へメンタル面の課題が浮き彫りになった。

 ◆錦織に聞く

 ―第2セットに崩れた。

 「もうちょっと落ち着いてプレーできればよかった。先にサービスゲームを落としてリズムが変わり始めた」

 ―焦りが生まれた原因は。

 「しなきゃいけないプレーがだんだんできなくなった。マリーの球が深くなり、浅い球はたたかれ始めた」

 ―前週の大会に出場した疲れはあったか。

 「4回戦のベルダスコ戦が一番つらかったけど、意外と戻ってきていた。戦いながら回復できて、体が強くなっている証拠」

 ―昨年の全米オープン準々決勝の再現はできなかった。

 「クレーで勝つのは、ハードとは違う難しさがあった」

 ―芝シーズンへ向けて。

 「何日かオフをとって回復を最優先する。ゲリー・ウェバー・オープン(19日開幕)に出てウィンブルドンに備える」

最終更新:6/9(金) 14:29
スポーツ報知