ここから本文です

「メアリの心中を空模様になぞらえた」 映画「メアリと魔女の花」主題歌、SEKAI NO OWARIに決定

6/9(金) 13:29配信

ねとらぼ

 アニメ映画「メアリと魔女の花」(7月8日公開)の主題歌が、4人組バンドSEKAI NO OWARIの新曲「RAIN」に決定しました。これに伴い同曲が使われた予告編も公開されています。

【画像】米林監督描き下ろしのSEKAI NO OWARIのイラスト

 SEKAI NO OWARIは6月8日に配信したLINE LIVEで今回の発表を報告し、放送では監督の米林宏昌さん、プロデューサーの西村義明も出演。今回のオファーについて、壮大なファンタジーを描く同作の最後を締めくくる曲は「子どもから大人まで口ずさめる歌にしたい」とし、映画の世界観とマッチしたアーティストだったと起用理由を語りました。

 新曲についてSEKAI NO OWARIは「RAINはメアリの心の中を空模様になぞらえて書いた楽曲」とコメント。米林監督も「悲しみの雨は不意にやってきて僕たちを濡らしますが、そんな中でも力強く歩いていきたいと思えるような、勇気をくれる歌」「これは僕が『メアリと魔女の花』で表現したかったことと同じで、まさに“主題”歌」など称賛しています。

 「メアリと魔女の花」は、「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」で知られる米林監督がスタジオジブリ退社後に設立した「スタジオポノック」初の長編アニメ作品。俳優・神木隆之介さんの出演も既に話題となっています。

 楽曲は7月5日に発売。初回限定版Aのジャケットデザインには米林監督描き下ろしの4人のイラストが描かれています。

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

最終更新:6/9(金) 13:29
ねとらぼ