ここから本文です

モノレール多摩動物公園駅でアニメ「フレームアームズ・ガール」展 等身大パネル登場 /東京

6/9(金) 17:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 多摩モノレール・多摩動物公園駅で現在、テレビアニメ「フレームアームズ・ガール」のパネル展示が行われている。(立川経済新聞)

 「フレームアームズ・ガール」は、立川市に本社を置くホビーメーカー「壽屋」(立川市緑町4)が製造し、シリーズ累計販売数50万個を超えるプラモデル。テレビアニメ化され、今年4月からBS11やTOKYO MXなどで放送されている。

 同展は、同アニメ第9話で主人公・源内あおと、人間サイズになったフレームアームズ・ガールたちが同駅を訪れたというエピソードにちなんだ、多摩都市モノレール(泉町)と同アニメのコラボ企画。

 期間中は同駅改札外に、第9話に登場した私服姿の源内あお、轟雷、スティレット、バーゼラルド、迅雷の5人の等身大パネルを設置。同アニメの場面写真も展示する。

 「駅や動物園など、実際の場所が多数登場しているので、場面写真を見ながら答え合わせをしてみるのもおすすめ。彼女たちとデートに来た感覚で楽しんでいただければ」と同社FAGirl Project宣伝担当者。

 6月30日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク