ここから本文です

阪神完封負け、糸井は途中交代し病院直行

6/9(金) 23:19配信

東スポWeb

 阪神が9日のソフトバンク戦(ヤフオク)を0―3で落とし、今季3度目の完封負けを喫した。相手先発バンデンハークの150キロ超えの直球に手を焼くなど、14三振を喫し今季3度目の完封負け。

 金本監督は「昔から言っているが、速い球を捉えきれない。それが一番じゃないですか」とガックリ。

 アクシデントも発生した。「1番・右翼手」で先発出場した糸井が6回、中前打を放った直後に途中交代し病院へ直行。初回の盗塁の際に左太ももを痛めた模様で指揮官は「病院に行ってどうか。そこまでひどくないと思う」と説明。10日の試合は状態を見ての判断になるが、FA砲として打線をけん引してきた超人が戦線離脱となれば一大事。順調に貯金を積み上げてきた猛虎が正念場を迎えた。

最終更新:6/9(金) 23:19
東スポWeb