ここから本文です

宮里藍「未知の世界」初日史上最多観衆6750人フィーバーに不安も神対応

6/9(金) 5:52配信

スポーツ報知

◆女子プロゴルフツアー サントリーレディス第1日(8日、兵庫・六甲国際CC=6538ヤード、パー72)

 今季限りでの引退を表明後、初の試合となった宮里藍(31)=サントリー=は2アンダー70で回って首位と5打差の22位につけた。初日では大会史上最多の観衆6735人が詰めかけ、主催者は2日目の当日券販売を中止する可能性もあると発表した。過熱するフィーバーのなか、本人は感情に流されずプレー。同伴競技者への“神対応”も飛び出した。首位は7アンダーの辻梨恵(23)=大和証券=。

 最終9番。藍がパーパットを沈めると、グリーンは拍手で包まれた。初日では大会史上最多となる6735人の大観衆が、称賛と激励の思いを込めた。「木曜日なのに最終日みたい。今までは『頑張って』なのに『ありがとう』という声が多くてうれしかった」。18ホール、途切れることなく続いた大声援に感謝した。

 序盤からショットが乱れても、めげない。パットでしのいだ。14番で約2・5メートルを沈めてパー。1オーバーで16番を終えると、同組の上田桃子と「そろそろエンジンかけよう」と誓い合った。すると17番で約6メートルを決めバーディー。2、4番もチャンスを沈めた。コーチで父の優さん(71)は「パットを打つ時に左肘が伸びていた。左肘を少し曲げることでストロークが良くなった」と明かした。

 引退表明後、初めての試合。今大会が国内最終戦となる可能性もある。上田がラウンド後に思わず涙ぐんだように、さすがの藍も前夜(7日)は冷静ではいられなかったという。「集中したいけど、サントリーさんで結果を残したい思いもある。どんな気持ちになるのか不安の方が大きかった」

 そんな気持ちを抑えながらのプレー。周りが見えなくなっても不思議ではないが、違った。17番。アマの高橋彩華(さやか、18)が1打目を打つ直前だった。飛球線を横切ろうとしたカメラマンに気づくと移動を願い出た。自然に出た同伴競技者への思いやり。高橋は「ありがたかった。気さくに話しかけてくれるし、本当に優しい方でした」と感謝しきりだった。

 初日を首位と5打差で終えた。「感傷的になると、頑張る気持ちが切れてしまう。今までと全然違う未知の世界。新しい経験を楽しんでいる」。涙はいらない。「泥臭く自分らしいゴルフができれば結果はついてくる」強い藍を焼きつけるため、一打に魂を込める。(高橋 宏磁)

 ◆2日目当日券販売中止も

 初日の大会最多観衆を記録したこの日は、雨の影響もあり予想動員を下回った。平日(初、2日目)の前売り券(2300枚)は完売しており、その分2日目に集中する可能性もあるため、主催者側は2日目の当日券の販売を中止する可能性もあると発表した。

最終更新:6/9(金) 5:52
スポーツ報知